ワインクーラーを選ぶコツ

日本は、ワインが好きな人が多いです。ワインの知識が増えてくると、欲しくなるのがワインセラーとワインクーラーです。どちらも、様々なメーカーから販売されています。

昔は、業務用として使うことが多かったのですが、最近は、家庭で使う小型のワインセラーも増え、家電量販店などでも売れています。ワインクーラーとワインセラーの違いについては、明確な基準はありません。

しかし、加湿機能がある商品をワインセラーと呼び、加湿機能がないものをワインクーラーと呼ぶことが多いです。
ワインセラーは、長期間ワインを熟成するのに向いていて、簡易タイプがワインクーラーなのです。
ワインクーラーは、ワインの敵である高温からワインを守り、劣化を防ぐことができます。

冷えすぎるとワインの熟成が進まないので、14度から18度前後で保つことが大事です。ワインクーラーを持つことで、ワインを保存する環境が良くなります。

ワインはコルク栓を使っているので、冷蔵庫に入れた場合、冷蔵庫の食品の臭いがワインに移ってしまうことがあります。

ワイン専用のクーラーを持てば、ワインに食品の臭いが移るのを防ぐことができます。冷却方法は様々で、冷却方法によってメリットが違ってきます。

選び方のコツを知ることで、ワインを飲む楽しみが深まります。コンプレッサー式では、モーターで車内を冷却します。コンプレッサー式は、安定した温度管理が可能です。ペルチェ式は、ペルチェ素子を使って冷却します。装置が小さくて小型のワインクーラーに使われることが多いです。コンプレッサー式の方が効率がいいです。