ワイン通なら知っておきたい基礎知識:横に貯蔵する理由

ビールや日本酒などのお酒の瓶は立てて貯蔵するのが一般的ですが、ワインは横に倒して寝かせた状態で貯蔵するのがよいといわれています。


このため、お店などのワインセラーでは横置き専用の棚を設置し、そこに並べて貯蔵するのが一般的です。
とはいえ、瓶は底が平らで立てて置くことができるのに、わざわざ横に寝かせるのは不自然です。それではワインはどうして横に貯蔵するのでしょうか。

その理由は瓶を密封するために使用されているコルクにあります。コルクは主に地中海地方を原産とする「コルクガシ(コルクオーク)」の樹皮を原料につくられます。コルクは弾力性があって空気を通さないほど密であることから、内部に外気が侵入して酸化するのを防ぐための栓として古来よりワインの瓶に使用されてきました。


しかし、コルクは乾燥にあまり強くありません。コルクは乾燥すると弾力性が失われて硬くなってしまいます。硬化したコルクは収縮して小さくなるので、瓶とコルクの間に僅かな隙間ができてしまいます。すると、内部に空気が侵入してワインが酸化してしまうので、味や風味が損なわれてしまうのです。

これに対し、瓶を横に寝かせておくとコルクにワインが触れた状態になり、常にコルクの下側が湿った状態になるので、瓶を立てて置くよりも横に寝かせたまま貯蔵したほうがコルクが乾燥しにくくなります。つまり、横に寝かせて貯蔵するのはコルクの乾燥を防いでワインの品質を保つためなのです。

ちなみに近年はプラスチック製の栓が使用されることも増えましたが、プラスチック製の栓は乾燥による劣化の心配はないので、縦置きで貯蔵しても問題ありません。