これだけは押さえておきたいシャブリ豆知識:ワインの等級とは


大好きなシャブリを飲みたいが、いったいどれを買ったらいいか分からないという人も多いことでしょう。実は、白ワインであるシャブリは、原料となる葡萄が栽培される畑によって四つの等級に分けられています。白ワインであるシャブリの原料は、フランスのブルゴーニュ地方で栽培されるシャルドネと呼ばれる葡萄種です。

この地方の葡萄畑はすり鉢状になっており、場所によって日照時間に違いがあるため、葡萄の出来栄えも異なってきます。それで、区画ごとに等級が付けられています。つまり、畑のどの場所で栽培された葡萄を使って作られたかによって、ワインの等級が決まってくるということです。

例えば、日当たりが最も良い特級の畑で栽培されたシャルドネを使って作られたシャブリは、等級が最も高い最高級のワインとなります。これはグラン・クリュと呼ばれています。この最高級のワインに次ぐ高級ワインはプルミエ・クリュと呼ばれ、一級の畑で栽培されたシャルドネを使用しています。また、シャブリの白ワインの代表格とも言われ、最も多く市場に出回っているのが、畑の一番広い範囲で栽培された葡萄を原料にして作られたワインです。もう一つはプチ・シャブリと呼ばれ、四番目の等級のワインです。

このように、ワインの等級は原料となる葡萄が栽培される葡萄畑によって決まってくるものです。等級が違えば当然のことながら味も大きく異なってきます。値段とも相談しながらいろいろなワインを楽しんでみることができるでしょう。