ワインの産地とその特徴:フランス


フランスは数あるワイン産地のなかでも本場としてのイメージが強く、事実フランスで育まれてきた醸造の文化は今日においても極めて重要なものとして扱われています。と言っても現在の生産量で言えばイタリアが世界一となっていてフランスは二番手となっているのですが、ではこのフランスで作られたワインの特徴はどういったものがあるのかというと、まず挙げるべきとなるのは原産地呼称統制法の存在です。

A.O.Cとも呼ばれるこの制度はフランスにおけるワインを管理する制度の一つであり、この国で生産されたボトルはこの制度の中で定められる基準を満たすかどうかでまず区分されます。基準を満たさないものは安価なもの、基準を満たすものは高品質なものとなっていますから、フランスワインを選ぶ際にはこのA.O.Cの基準を満たしているかどうかをひとつの基準にできるでしょう

しかしもう一つ知っておかなくてはならないのは「文化が深くなった分、ワインとしての味わいも複雑化している傾向がある」という点です。これはもちろんよりさまざまな味わいを探すことが出来るということで良いことなのですが、しかし初心者にとっては何を飲めば良いのか分からない、時には選んだものが自分には合わず美味しいと感じられないということもあります。

また「よく味わうことでその本質が見える」というワインもかなり多くありますから、初心者にとっては少々敷居が高いということは否めません。総じてフランスワインは本格派なものが多く、高品質なものもよく見受けられる反面選ぶのに知識がいる中級者以上向けの産地と言えるでしょう。