シャブリとワインの製造法について:樽の役割


シャブリというワインと樽は切っても切れない関係にあります。
では樽は製造法の中でどういった役割を担っているのかというと、基本的には「熟成を行う場所」として扱われています。
ワインはものによっては瓶内に詰めたあとでさらに熟成をさせることがありますが、シャブリは基本的に樽に寝かせて熟成させるのが一般的です。樽の中で長い時間を過ごすことによって発酵が進み、ブドウの果汁に含まれる糖が分解されてアルコールが作られていくわけです。

伝統的な製造法で言うと使用される樽はオークという木材でつくられたオーク樽であり、このオーク樽を使って熟成されたシャブリにはオーク材のほのかな香りが移って味を変えるとされています。


しかし1970年代以降は金属加工技術が進歩してきたこともあってステンレスタンクを樽の代わりにして熟成させるワイナリーがかなり多く見受けられるようになってきましたから、必ずしもオーク樽を使って熟成がされているというわけではありません。

こうなると「どっちが正しいのか」という疑問が出てくることも多いのですが、実際のところ「こちらが正しい」と断言できることはありません。

もちろん歴史的に見ればオーク樽を使う方法が伝統的なものだと言えますが、ステンレスタンクはオーク材の香りが付かずよりストレートなシャルドネの香りを感じられるというメリットもあります。

実際のところこれは何千本ものワインを飲んできた愛好家が1970年代から現代に至るまで議論を重ねているにもかかわらず結論が出ていない議題ですから、結論はまだまだ出てこない問題だと言って良いでしょう。