魅力から考える国別ワインの美味しさ:南アフリカ編


南アフリカ産ワインは、日本においてもその輸入量は年々増えてきています。

南アフリカは、その気候や環境がワイン造りに適しています。例えば、日本の気候同様、春夏秋冬のような四季があります。また、気温も日本と似ています。四季があることや気温の変化は、良質でおいしいワイン作りには欠かせません。なぜなら、良いぶどうを育てるためには、四季のサイクルが必要であるからです。さらに、湿度の面でもブドウ栽培に優れています。南アフリカには乾季と雨季があります。水を必要以上に与えたぶどうはワイン作りに向きません。

さらに、農薬の使用量が少なく、高品質であるという特徴があります。乾季には乾燥した風が海から吹き、害虫がつきにくく、ブドウの病気にもなりにくい気候となります。そのため、酸化防止剤などの薬品や殺虫剤などはあまり使用されていません。これらがワインの美味しさの特徴に繋がっています。

南アフリカのワインは、ぶどうの果実味が豊かでフルーティな味わいを持っています。また、栽培の剪定をしっかりしているので、酸味が強く、力強いワインが多いです。この酸味に魅力を感じる方も多くいます。チーズやサンドイッチを食べるときにもよく合います。白ワインにはシュナンブランやシャルドネ、赤ワインにはカベルネ、ピノタージュなどの種類があります。

最近では、さまざまなワインの研究家や醸造家たちも南アフリカのワイン造りの環境の好条件に惹かれ、集まっています。ますますワイン作りの技術は向上しています。