ワイン初心者が知っておきたいワインのマナー:ワインを注ぐ量


アルコール飲料には色々な飲み物が存在しています。日本ではビールや日本酒などを飲まれる方が多いですが、健康意識の向上によりワインを飲まれる方も徐々に増えています。ワインはビールなどのアルコール飲料とは違い、少量を注いで香りや味わいを楽しむアルコール飲料となっています。その為ついつい飲み過ぎてしまう心配もありませんので、アルコール飲料が大好きな健康意識の高い方に愛好家が多いです。

ワインには色々な種類があり白ワインや赤ワインなど、使用されている原材料が異なるものも多いです。また最近では国内で作られている商品も増えています。

ワインを飲む際には専用のグラスを用意するのがベストで、専用のグラスでは注ぎ口が広く香りを楽しみやすい形状になっています。その為テイスティングがしやすく、またグラスの中で注いだワインを軽く回す事で違う香りや味わいを楽しめるようになっています

また香りや味わいを最大限に楽しむ為にはおつまみも重要になります。チーズやオリーブなど味わいや香りをより引き立たせてくれるおつまみがおすすめです。

初心者の方の場合はどの品種を選べばいいのかわからない、そう悩まれる方も少なくありませんがそういった場合はお店の方におすすめを聞くのが一番です。またテイスティングが可能な専門店も少なくありませんので、実際に味わって決めたいという方はテイスティングのできるお店に足を運ばれるといいでしょう。価格の高い商品の場合はテイスティングが有料であるケースもありますので、事前にお店に問い合わせておくと安心です。