ワイン初心者が知っておきたいワインのマナー:ワインの注ぎ方


「とりあえずビール」という人には、ワインは少しお高くとまっている印象があるかもしれません。飲む機会が少ないと、正しい注ぎ方がわからず、仕事で飲む時などに失敗してしまう可能性もあります。大勢の前で恥をかかないためにも、正しい注ぎ方を知っておきましょう。

まずはボトルを手にとって、落とさないように両手で持ちます。ソムリエは片手で持つのが基本ですが、素人が片手で持ってしまうと落としてしまう恐れがあるので、普通ならば両手で持ってOKです。ビンは結構重いので、変に通ぶって落としてしまわないようにだけ注意しましょう。

次に、ラベルの部分が上に来るようにして持ちます。グラスにボトルの口が当たらないように注意しながら、グラスから1〜3cmほど離して注ぎます。ボトルを傾けるようにして、少しずつグラスに注いでいきます。勢いが良すぎると泡立ってしまったり、飛び散ってしまうことがあるので気をつけましょう

グラスの1/2まで入れたら、ボトルの口を横にしてとめます。ボトルを少し回転させて上に上げて、ボトルからワインが滴り落ちてしまうのを防ぎます。最後にボトルの口を清潔なナプキンで拭いて完了です。

ワインのボトルはいろいろな形がありますし、口の大きさも違います。ワインを飲む時にはお互いに注ぎ合うのはマナー違反ですし、グラスは置いたまま注ぎます。ビールや日本酒のマナーとは違いがあるので、混乱してしまわないように注意しましょう。