白ワインは殺菌作用が強い

ワインには健康促進や美容効果があることが知られており、テレビや雑誌などでもよく目にします。この場合は、赤ワインに含まれるポリフェノールによる抗酸化作用の効果を指している場合が多く、一般的にもそう連想しがちです。


しかしながら白ワインにも様々な効果・効能がある成分が含まれていることがわかってきています。白ワインの効果としてあげられることは、デトックスとダイエット効果があります。白ワインには豊富なミネラルが含まれています。その中でもカリウムは利尿作用を持っており、これによってむくみを解消するほか、新陳代謝をあげて老廃物の排出を促してくれます

また体内の過剰なナトリウムを排出する効果もあるので、高血圧の防止にも効果があるとされています。また白ワインの効果としては便秘の解消など腸内環境を整えて正常化させる働きもあります。これはクエン酸などの有機酸が腸内を弱酸性に保ち、悪玉菌が増加するのを防ぐと同時に善玉菌を増やす働きによるものです。

この有機酸はアルコールとの相乗効果によって高い殺菌作用を発揮します。アルコールだけの場合よりも数倍速いスピードで大腸菌やサルモネラ菌を死滅させた実験結果もあり、魚介類と一緒に食べることで臭みを消し旨みを引き出すだけでなく、即効性の殺菌作用によって食中毒や感染症防止にも効果を発揮します。病原菌を殺菌して消化吸収を助け、腸内環境のバランスを常に最高の状態にしてくれるのが白ワインです。