紹介!シャブリと他地域の白ワインとの違い:ボルドー編

ブルゴーニュを代表するワインである「シャブリ」というととても有名です。こちらの土壌自体がミネラルが豊富な土地であるためシャルドネ種の栽培に適している為という事で、起源は9世紀にまでさかのぼるほど歴史のあるワインです。

このシャブリの特徴としてはシャルドネ種をほぼ100%使用した世界でも有数の辛口白ワインという事はワインを飲まない人でも知っているほどですが、そのミネラルを感じる芳醇な辛口の味は4つの格付けがされています。

  • 特級(Chablis Grand Cru)
  • 一級(Chablis Premier Cru)
  • 一番生産量の多いChablis
  • 最もカジュアルなPetit Chablis

このようにブルゴーニュを代表する白ワイン「シャブリ」ですが、よく比較されるのがボルドーの白ワインとの違いです。

一般的にボルドーというと世界的に有名な赤ワインの産地として知られその生産量は全体の8割とまで言われていますが、ソーテルヌ地区やグラーヴ地区というAOCでは白ワインが有名です。

ブドウの種類はグラーヴではカベルネ・ソーヴィニョン種を主に使用し、ソーテルヌではセミョン種とソーヴィニョン・ブラン種を主に使用しているため、シャブリと比べると両極に位置する甘口のデザートワインを生産しています。特にソーテルヌの白ワインはドイルのトロッケンベーレンアウスレーゼやハンガリーのトカイ世界三大甘口ワインとも称されているほどです。