知っておくと得トクかも?ドウ品種の特徴とワイン:ソービニヨン・プラン編


ワインは、世界中で愛されている飲み物です。最近は、価格が安くなったことから、日本でも手軽にワインを楽しむことができます。日本人は、和食と相性が良い白ワインが好きな人が多いです。

白ワインは、白ブドウが原料で、甘口から辛口まであり、世界中に様々な種類があります。日本で人気がある白ワインのひとつが、ソービニヨン・プランです。

ソービニヨン・プランは、フランスの西部が原産地の白ワイン用ブドウ品種です。個性的な香りと爽やかな酸味が特徴の品種で、世界中にファンがいます。ソービニヨン・プランの柑橘系の香りは、産地が寒いところから暖かいところになると緩やかに変化し、酸味も柔らかになります。

フランスのロワール地方やボルドー地方、ニュージーランドが有名ですが、アメリカのカリフォルニアや南米でも栽培されています。ソービニヨン・プランの特徴は、草の青々しい風味です。未熟な時だと青臭さを感じますが、熟すとトロピカルな風味に変わってきます

ソービニヨン・プランには、ハーブやグレープフルーツのような香りがあり、酸味とビターな味わいが調和しています。ニュージーランドのソービニヨン・プランは、フランスのものよりも香りが強いです。そして、非常にシャープでクリーンな味わいです。

世界的に有名になったのが、南島のマールボロ産のものです。マールボロは、ニュージーランドで栽培面積が第1位となっており、ソービニヨン・プランの聖地と呼ばれています。