飲む前に知りたい国別ワインの特徴:南アフリカ編


南アフリカワインは世界で初めて国内で最初に造られた日付が残っています。南アフリカワインは安価で売られているので、スーパーでもよく見かけます。低価格ですが品質は高く、国際的なワインのコンクールで何回も高い評価を得ています

統計ではアメリカワインスペクテイター誌が90点以上を付けている28USDワインの中で、最も多い原産国として南アフリカが挙げられています。品質に割に価格が安すぎると言われているので、今後価格が上がる可能性もあります。南アフリカでは欧米のようにワインバブルが起こっていないのでリーズナブルな価格を続けています。

また世界でも酸化防腐剤の使用基準が厳しい国として知られているので、二日酔いになりにくいです。それぞれの産地で地球に優しいワイン造りを目指しているので、自然環境だけでなく人間が飲んでも安全です。ワインで有名な国内の産地では、風が乾燥しておりブドウの栽培に適しているので、うどんこ病といったブドウの病気にかかることがほとんどありません。

農薬や殺虫剤をむやみに使う必要がなく、国内の9割の世界自然遺産がワイン産地と重なっているので、世界一美しいワイン産地とも称されています。フランスの超高級ワインに引けを取らない美味しさがあり、ヨーロッパが産地であれば3倍以上もの価格のワインを安く飲めるので、世界中のワインファンを虜にしています。現在もワイン醸造家が集まって、技術向上に励んでいます。