話のネタになるワイン豆知識:ポリフェノ-ル


ワインとはお酒の一種ですが、健康に良いとされるポリフェノ-ルがふくまれていることでも知られています。ワインのなかにふくまれているポリフェノ-ルには、身体に吸収される割合が高いとされていますので、通常の食品からポリフェノ-ルを摂取する場合とくらべて効率が良いという点があげられます。

そもそもポリフェノ-ルには、抗酸化作用や抗菌作用があるわけですが、ワインを飲むことによって、効率的にポリフェノ-ルが摂取できますので、がんなどの病気や、動脈硬化などを予防したりする効果があることがわかっています。それだけではなく、ミネラル成分もふくまれていますので、アルツハイマーの予防にもつながるということが判明しています。

このように、健康に多大なメリットがあるとされるワインですが、ポリフェノ-ルのはたらきによって、高血圧なども予防することができますので、体調や健康を維持することもできるわけです。ワインにふくまれているポリフェノ-ルの含有量は、ほかの食品とくらべてみても大きな差があることは一目瞭然ですから、健康のためにワインを飲むということはきわめて合理的な手段だと言っても過言ではないでしょう

ワインを毎日の生活に取り入れることによって、体調を管理できるということは間違いありませんので、ほどほどに飲むということは、健康の維持にとって重要なポイントになってくることは確かです。ほどほどに飲むことをおすすめします。