紹介!シャブリと他地域の白ワインとの違い:ラングドック・ルシオ編


ラングドック・ルシオ地方は地中海に面するエリア、コートダジュールとは異なる雰囲気を持つ南フランスで、地中海に面した海岸は220キロも続く広大な砂浜が人気を集めている場所です

ランドック地方は南部と北部に分けることが出来るエリアであり、ランドック南部エリアには赤ワインを生み出す「フィトゥー」や「マルペール」、赤ワインと白ワインの両者を生み出す「コルビェール」、そして白ワインを生み出す「リムー」などが在ります。

白ワインの葡萄品種にはモーザックを初め、シュナブラン、シャルドネと言った種類が栽培され、ラングドック地方の中では唯一の白ワインを生み出すエリアとも言われています。

尚、「リムー」はピレネー山脈とコビエールの山の間に在り、地中海、ピレネー山脈、大西洋の3つの気候を持つエリアでもあり、こうした環境が良質の白葡萄栽培に向いている事からも、白ワインの名産地とも言われているのです。

また、このエリアで栽培されているシャルドネ種はブルゴーニュ地方の北部に位置するシャブリ地区で栽培されているものと同じで在り、シャルドネ種は冷涼な気候を好み、辛口の白ワインを作り出してくれると言った特徴が在ります。

因みに、「リムー」はシャンパーニュ地方で有名な発泡性ワインを生み出すエリアでもあり、白ワイン以外にも人気を集めていると言った特徴も在ります。

尚、シャブリ地区は日照の良い斜面で良質の葡萄を生み出し、ランドック・ルシオにおいても南向きの斜面や段丘に葡萄畑が在るなどの特徴を持ちます。