シャブリとオススメ白ワインカクテル:キール

kakuteru-03

そのまま飲んでも美味しく飲める白ワインですが、白ワインを使ったカクテルも多く存在します。

好みによってリキュールやワインの割合を調整しやすく、ワインが苦手な方や女性の方、お酒があまり強くない方でも飲みやすくなっています。

中でも、白ワインにカシスを加えたカクテルである「キール」はアルコール度数があまり高くなく女性に人気のあるカクテルで、お家でも簡単に作ることができます。

今回は、カクテルを作る際に活躍する白ワインシャブリの魅力や、キールの作り方や特徴についてご紹介します。

人気の高い白ワインのシャブリ

白ワイン

ワインは、私たちの生活、特に食生活をより豊かにするものとして欠かすことのできない嗜好品の一つです。

ワインは大きく分けて赤ワインと白ワイン、ロゼワインといったような分類がありますが、気候によってもその元となるブドウの品質に大きく差が出ます。

生産されている国による違いはもちろんのこと、同じ国であっても年によってその味わいが大きく異なるということが頻繁に起こります。

数多くある白ワインの中でも、人気のある品種として挙げられるものの一つに「シャブリ」があります。

シャブリワインとは、フランスのシャブリ地区で収穫されたブドウ、主にシャルドネ種のものから作られるワインのこと。

香りが高く辛口であるという特徴があり、上質な辛口白ワインとして名高いものです。

白ワインカクテル「キール」とは

白ワインカクテル

シャブリワインは、もちろんそのまま飲んでもおいしいものですが、その他にもカクテルに使用するという形でより幅広い味わい方をすることができます。

その中でも、ワインを使ったカクテルの中で人気のものが「キール」であると言えるでしょう。

キールとは、白ワインに少量のカシスリキュールを加えたカクテルのことで、レストランやバーなどでも人気の高いものです。

ワインが好きな方には親しみ深いカクテルかもしれません。

キールをおいしく味わう場合、白ワインはできるだけ開栓直後の新鮮なものを用いたり、カシスリキュールの量を控えめにしたりするなどの注意点があります。

中でも、辛口の白ワインがよく合うため、シャブリはキールに最適であり、オススメであるということができるでしょう。

程よい甘みと柔らかい飲み口なので、お酒があまり強くない方や女性にもすすめやすいカクテルです。

お家で作る際には、美味しく飲むために、シャブリやカシスリキュール、グラスを冷やしておくと良いでしょう。