シャブリと白ワインの豆知識:保存方法


ワインは、軽く冷やしたり、室温に戻してから食卓に出します。しかし、飲むときに最もおいしく感じる温度にするために、年間を通じて一定の温度、湿度のそろった場所に保管をするのが良いです。デパートや専門店で売られているものについても、お店によっては保管状況が悪いことがあるので注意が必要です。白ワインのシャブリは、酸の働きから保存がききます。しかし、風味を損なわずに飲むためには適切な保管を行うことが必要です。

ワインを保管するときには、温度に注意が必要です。ワインの保管に当たって最適とされている温度は13℃であり、プラスマイナス2度程度であれば問題ありません。温度が低くなりすぎると、ワインの熟成スピードが遅くなります。たとえば冷蔵庫のように温度が低く過ぎる場所では、何年も寝かせても熟成した深みを感じることが出来ません。一方、温度が高すぎた場合、熟成のスピードが早くなります。熟成しすぎてしまうと、ワインは劣化してしまいます。


さらに、湿度も重要な条件の一つです。平均的に70パーセント程度が理想とされています。乾燥した場所にボトルを置いておくと、コルクが細くなってしまいます。空気に触れることによって、ワインの酸化が進んでしまいます。
このような理由から、温度や湿度の管理が簡単なワインセラーがよく使用されます。

一般家庭で保管するのであれば、日の当たらない押入れや床下になります。新聞紙やビニール袋にくるんで保管しておくと、より良いです。このような保存方法を実践し、長期保存は避けることがシャブリを美味しく飲むコツです。