そこが知りたい赤ワインに合う料理特集!:ハンバーグ

awine-03赤ワインに合うお料理と言えば、誰もが思いつくのは“肉料理”。ステーキやローストビーフ・合鴨やすきやき等と赤ワインを楽しむ方も多いと思いますが、お勧めなお料理が“ハンバーグ”

ハンバーグと言えば何となく『子供の料理(メニュー』という印象が付きまといますが、粗びきの胡椒を効かせたスパイシーなハンバーグやたっぷりとチーズを使ったハンバーグ、おからや豆腐を使ったヘルシーなもの迄、大人にぴったりなハンバーグは意外と多いのです。さて、そんな大人味なハンバーグに合う赤ワインを考えてみましょう。

赤ワインと言っても、ブドウ品種(赤ワインに使用されるブドウは黒ブドウです)・原産国・販売価格から考えてもそのバリエーションは相当な数があります。ワインの原産国=フランスと思うのが一般的かもしれませんが、最近では南アフリカやチリ等からも低価格でハイクオリティーな赤ワインが量産されています。価格帯で言うと上は数十万円~下は数百円台と、天と地程の価格の幅があるワインの世界ですが、千円~三千円程度の赤ワインでも十分な満足が得られる物が多いです。

ワインの飲み口としては、ライトボディ・ミディアムボディ・フルボディが挙げられます。好みにもよりますが、ハンバーグにはミディアムボディぐらいが丁度良いのでは。

更にブドウの品種ですが、代表品種のカベルネ・ソーヴィニヨンに並び、ポピュラーな品種のメルローがお勧めです。
メルローは酸味が少なく、強く・柔らかなタンニンが特徴です。是非合わせて味わって欲しい組み合わせです。