ドイツワインの基本知識:葡萄品種の基本

ドイツワインを選ぶ際、みなさんはどのような点をチェックして購入しますか?

熟成年数、値段、風味、度数など、人によって注目する点は異なるかと思いますが、中には葡萄の品種を確かめる方もいるでしょう。

ドイツワインで用いられる葡萄の品種は主に2種類であり、風味や価格も異なってくるため、ワイン選びの一つの基準となります。

また、ドイツでは白ワインを多く生産しているイメージがありますが、実は赤ワインの生産も行われており、有名な葡萄品種もいくつか存在しています。

今回は、ドイツワインで用いられている2種類の葡萄品種の特徴や、ドイツの赤ワインで使われている葡萄品種についてもご紹介します。

ドイツワインの葡萄品種の基本

ドイツワイン

ドイツワインにおいて用いられる葡萄品種の中でも基本となるのは、ミュラー・トゥルガウとリースリングの二つです。

これらはどちらも白ワインに用いられる葡萄品種であり、特徴としてはミュラー・トゥルガウは酸味が比較的少ないマイルドな味わいとマスカットのような芳しい香りを持っています。

一方、リースリングは酸味に富んでおり熟成期間に応じて甘みが増すといった形になります。

価格的な特徴を挙げるのであればミュラー・トゥルガウは早熟かつよく増えるため安価なドイツワインに多く使われ、リースリングは栽培における障害が多く大量生産が難しい分貴腐ワインのような高級ドイツワインに多く使われます。

ただ、これらはあくまでも大量生産における難しさから付く価格の話であり、「ミュラー・トゥルガウは美味しくないがリースリングは美味しい」などのことにはなりません。

ミュラー・トゥルガウを使っていても味わうに足る優秀なワインは多く生まれていますし、逆にリースリングを使っていてもワイナリーの腕によっては今一つな出来栄えのワインが出来ることもあります。

ドイツの赤ワインで使われる葡萄品種について

ドイツワイン

ちなみにドイツワインはその大半が白ワインであるためミュラー・トゥルガウとリースリングをよく目にすることになるのですが、赤ワインが製造されていないわけではありません

赤ワインで使われる葡萄品種としてはフランスでピノ・ノワールと呼ばれるシュペートブルグンダーやその変異種、シュペートブルグンダーに次ぐ作付面積を誇るポルトゥギーザーといった葡萄品種が使われています。

それぞれでドイツワインとしての味わいは大きく変わりますから、飲み比べるのも楽しみの一つと言えるでしょう。