ワインと健康と:癌予防


赤ワインは人気が高く、毎日のように好んで飲んでいる方も多いです。しかし、赤ワインはお酒と同じように酔ってしまうので、体に悪影響が出る可能性もあります。確かに飲み過ぎると体に悪影響は出ますが、少しだけ嗜む程度に飲むだけなら、逆に体に良い効果も出てくれます

赤ワインには様々な体にとって良い成分が含まれています。認知症やボケが進行するのはアミロイドβタンパクという成分が脳に蓄積されて行く事が原因として挙げられますが、赤ワインはこの成分が脳に蓄積するのを防いでくれます。これなら若い内に認知症やボケに悩まされる心配が無くなります

他にも、癌予防効果もあります。癌と聞くと、病気の中でも特に知名度が高く、それでいて危険性が高い病気として有名ですが、赤ワインにはレスベラトロールという特殊な成分が含まれています。この成分は抗癌作用があり、癌細胞が増えるのを事前に防ぐ事が出来るようになります。癌に強くなるので、予防方法の中でも、特に有効な方法です。

癌予防の為に飲むなら問題はありませんが、飲み過ぎると心臓に負担がかかります。心臓は人間の体の中にある内臓の中でも、特に大事な役割を果たしているので、せっかく癌予防が出来ても他の病気にかかる可能性が高くなってしまいます。癌予防を含む、様々な病気に備えて赤ワインを飲むのなら、毎日グラス一杯、二杯程度に抑えるようにして、体にとって必要な分だけを飲むようにしましょう