健康から考えるシャブリと白ワインの効果:大腸がん防止

ワインの一種にシャブリという種類があり、フランスのブルゴーニュ地方原産のシャルドネという品種の白ブドウから作られるワインで、酸味が少なく、程よい渋みで、比較的辛口で魚料理との相性が良いと、フランス料理店や日本料理店など日本でも多くの料理店で提供されます。

赤ワインは、脳の活性化や脳梗塞を予防すると言われており、長期で飲用した人に効能が現れることがデータから分かっていますが、その反面であまり知られていない白ワインの効能として、白ワインには殺菌効果が高く、とくに辛口のシャブリには強力な殺菌力があるため、大腸菌群やサルモネラ菌に対して強い殺菌効果を発揮します。


カルパッチョやお刺身などの食材には、鮮度が良いものでも微量ながら細菌が付着しており、細菌は時間の経過とともに繁殖します。

実際にフランス料理の魚介類を使った料理で白ワインが料理行程にて用いられることがあります。シャブリにはリンゴ酸が多く含まれ、このリンゴ酸にはがんを引き起こす原因物質である活性酸素を除去する効果があり、さらに腸の働きを活発にするため、便秘解消や腸内のリバランスを図る効果があります。

便秘の解消や腸内環境のリバランスは大腸がん防止にもつながります。近年増加傾向にある日本人女性の大腸がん患者は、肉食が増えたことにより右肩上がりですが、シャブリの原産地の人々に大腸がん患者が少ないことが、大腸がん防止の効果であると考えられています。