ワインと健康と:動脈硬化

アンチエイジングということばが世の中にずいぶんと浸透していますが、アンチエイジングというのは、いくつになっても若々しい体でいるために、努力していくことをいいます。そしてわたしたちの体を、一番老化させてしまう要因というのが、活性酸素です。


活性酸素が増えると、血流が悪くなるだけでなく体に毒素がたまっていくことでさまざまな問題が起こります。そのほかにも動脈硬化や高脂血症や糖尿病などになるリスクも起こってくるのです。この活性酸素を除去する効果があるといわれているのが、ポリフェノールですが、ポリフェノールはブルーベリーやラズベリーなどに多く含みますが一番、効果的な飲み方といえば赤ワインと言われているのです。

毎日少量のワインを飲むことで活性酸素を除去できますし、体が元気になるのでいま、赤ワインを飲む人がとても増えているというのも頷けます。

このほかにポリフェノールの効果としては、美白効果や腸内解毒作用改善効果のほか抗炎症作用もあるといわれているので積極的にとったほうがいいといわれています。アルコールがダメだという人でも、ブルーベリーやラズベリーにも豊富に含まれているので、飲み物や果物でとることで効果が得られるのです。ただいくら赤ワインがいいといっても毎日浴びるように飲んでは効果が半減してしまいます。毎日適量をとっていくことが健康的な身体づくりにはとても大切といえますし、また食事や運動も見直すことも大切です。