知っておくと得トクかも?ドウ品種の特徴とワイン:シュナン・ブラン編


ワインは葡萄果汁を絞りその中に同じく葡萄の皮に含まれている酵素を入れることで糖分をアルコール発酵させた後にたるにつめて作るお酒の種類ですが、一口にワインといってもそれぞれには特徴があり奥が深いお酒となっています。

その奥深さを演出しているのはもちろんその土地の気候である水や風などの自然の状態が大きく作用していることが大きいのですが、それらの要素と結びつき大切に育てられている葡萄が根本を支えているといえます。そのワインに使われる葡萄の品種には様々な種類が存在するのですが、その中でも白ワインに特化して作られているのがシュナン・ブランです。

シュナン・ブランはロワール地方などで栽培される白ブドウ品種で、その特徴は通常白を作るときの葡萄には皮の色が赤くない品種が多いのですがこのシュナン・ブランは少し赤みがついています。その赤みがついていることがシュナン・ブランの味に大きく関係しており、この赤みがついているのは赤い葡萄に近いため酸味が強いです。

その酸味が強いのはこのシュナン・ブランが取れる産地であるロワールの地層が山間に近いことで酸性を帯びているからであり、本来酸性の土壌で育った葡萄は酸っぱく白ワインには適していなかったのです。ただフランスの文化はそんな状況でもあきらめることが無く、その土壌の中でもおいしいワインを造るために葡萄の品種や農法を改良し酸性の強い土壌でも甘みの強い品種に出来たのです。そうして出来たシュナン・ブランの白ワインは赤の強い酸味の特徴を持ちながら白特有の甘さをかねそろえるすばらしいお酒になったのです