シャブリと白ワインの豆知識:飲むのに適した温度

白ワインは冷やした方が美味しく飲めるという話をよく聞きます。でも、どのくらい冷やせばいいのかはあまり知られていません。だから冷蔵庫に入れて冷えたなと思ったら飲むという方がほとんどだと思います。

それではせっかく美味しい白ワインを買っても本当の味がわからないかもしれません。赤ワインと違って白ワインは室温で飲むことはお勧めできません。白ワインの良さは、口当たりがさわやかな所です

赤ワインと違って複雑な味を楽しむというよりは、冷たい感覚とともにすっきりとした味が喉を通るのが心地よいアルコールです。

飲み頃の温度は?


一概に冷たいといっても白ワインの味が甘口と辛口では適正な温度が違います。人間の味覚は、温度が高い方が甘みを感じることができます。甘口のワインを常温で飲むと甘みが際立ちくどくなります。だから甘口のワインは少し低めの10度以下がちょうどいい温度になります。

シャブリなどのさっぱりとした辛口の白ワインは、10度から14度ぐらいに冷やすのが適当です。ワインを冷やす時に冷蔵庫を使うと1時間程度で5度下がります。産地であるヨーロッパの常温は18度程度です。だから1時間も冷やせばちょうどいい温度になります。

日本の常温は20度ぐらいなので、少し長めの2時間程度冷やす必要があります。もう少し早く冷やしたい場合は、氷水を使います。同じ温度ならだいたい20分程度で冷やすことができます。

友人が持参した白ワインをすぐ飲みたい場合などに効率的な冷やし方です。