シャブリの豆知識特集:シャブリワインの価格


日本人は、白ワインを好む人が多いです。白ワインの中で、日本で最も人気があるのがシャブリです。シャブリのブドウ品種は、シャルドネです。シャルドネは、品種が本来持つ個性よりも、栽培した場所の土壌や気候によって個性が出る品種です。

シャルドネをステンレスタンクで醸造すると、シャープで爽やかな味わいになり、樽を使って醸造すると、香ばしく豊かな味わいになります。シャルドネは、ヨーロッパでも数多くの産地で栽培されている品種なので、同種異名も多いです。

産地によって個性が変わるシャルドネですが、寒冷地のシャルドネで有名なのが、シャブリです。シャブリが造られる地区の土壌は、昔は海だった石灰質の土壌です。石灰質の土壌で育ったシャルドネは、ミネラルを豊富に含みます。

また、有機酸も多いので、美容にも良く、女性のファンが多いです。さらに、殺菌作用もあるので、牡蠣や刺身を食べるときにシャブリを飲む人が多いです。白ワインは魚介類との相性が抜群ですが、刺身や天ぷらなどの和食にも合います。

アメリカの西海岸で栽培されているシャルドネは、シャブリをはじめとするブルゴーニュのワインを手本に造られています。シャブリには格付けがあり、4等級に分かれています。格付けは、土壌の構成や日当たり、傾斜などによって決められます。格付けによって価格も異なります。最上級のものだと、熟成に10年かかりますが、その分、貫禄のある白ワインとなります。