シャブリの豆知識これだけは知っておくべき事!:シャブリが白ワインに適している理由

シャブリワインを生み出すための葡萄はシャルドネという種類で、シャンパンとしても用いられることがあります。
お酒に興味関心が無いという方でも耳馴染みがある事からわかるように、とても認知度が高いです。そのため、数多くの名高いワインを生み出しているフランスにおいてもワインの代表格と言っても過言ではないほどです。


そして、生産者により拘りが強いという特徴もあり、製造方法が異なるという一面もあります。中でも、特級に指定されている畑にて栽培された葡萄はオーク樽を使用して発酵や熟成を行う生産者が多いです。ただし、オーク樽を使用して製造するという方式は樽の臭いがワインに混じってしまうという観点から嫌う生産者も多く、そういった場合はステンレスのタンクを使用して産出します。

こうした点から、昔ながらの製造方法でオーク樽を用いている場合は質が高いとして人気があります。このようなシャブリは辛口な口当たりが特徴的な白ワインです。酸味がある上にミネラル分を楽しむことができるのですが、こうした独特な楽しみを得ることができるのは土壌が関係しています

シャブリの土の質を調査機関が調査したところ、ジュラ紀後期にあたる白亜質の土壌であることが判明したのです。さらに調べると小さな牡蠣などの化石が無数に存在することも発見されました。つまり、牡蠣などの化石が発掘されたことにより海の底であったことが決定的になったのです。こういった点からミネラルが豊富と言えるのです。