これだけは押さえておきたいシャブリとオススメ白ワインカクテル:ワインミモザ

フランスの白ワインで、日本でも広く知られた品種の1つにシャブリがあります。シャブリは1つの品種と捉われがちですが、厳密にはシャブリ地区において生産された白ワインのことをいいます。種類としては、特級にあたるシャブリ・グラン・クリュを始めとして4つの種類があります。

生産量が最も多いのが、上から3番目となる、単にシャブリと命名された品種となり、全生産量の67.5%を占めています。特徴として、光輝く緑がった黄金色をしており、果実のフレーバーと共に、熟成を感じられる酸の高いものとなっています。

カクテルでもシャブリはよく使われます


カクテルの1つにミモザがあります。ミモザは、フランス語でオレンジジュース入りのシャンパンのことを意味しており、通常は、スパークリングワイン、いわゆるシャンパンをベースとして作られます。作り方は非常に簡単で、それぞれ1/2を合わせてステアするだけで作ることができます。因みに、ミモザは使用するシャンパンによっても値段が異なり、オーダーでは、1杯飲んだとしてもシャンパン1本の値段がかかることを知っておく必要があります。

ミモザでもワインをベースとしたものはワインミモザと呼ばれています。この場合には、シャンパンとは異なり1本買い上げの値段にはならないために、気軽に美味しいカクテルを楽しむことができます。中でも、シャブリをベースにしたものはオレンジジュースと相性が良く、非常に飲みやすくすっきりした味わいになっています。その理由としてはワイン自体がシャルドネ種を利用していることがあり、女性にも人気が高く、見た目においても清楚な感じを与えてくれます。