シャブリマスターへの道!豆知識編:シャブリワインの価格

辛口の白ワインとして代名詞的な存在として知られるシャブリは、フランスのブルゴーニュ地方の最北端、シャブリ地区で作られている歴史あるワインです。春先でも葡萄にとって大敵の霜が降りる時があり、そのような年は収穫が行われずワインの製造が滞る事になるので、貴重なワインとして高値が付くことも珍しくありません

ワインの材料として高い汎用性を持つ、シャルドネ種の葡萄が素材となっています。シャルドネ種を牡蠣と貝殻の化石で構成された、ミネラル分が豊富な特異な土壌で育てるため、辛口で独特の優れた香りを持つワインが誕生します。赤ワインは肉料理に合い、白ワインは魚料理に向いていますが、このワインは特に魚介類との相性が良いことで知られています。

タイプによっても変わる価格


シャブリの価格は、新しく瓶に詰め込まれ出荷されたものなのか、数年間の熟成が行わた後にビンテージとして販売されたものかによって変わります。シャブリと一口に言っても様々な種類があるため、長期熟成に向いているタイプもあれば、直ぐに飲めるタイプまで多種多様で、平均的な価格相場の程度ははっきりしていません。

また、シャブリには特級畑で作られた「シャブリ・グラン・クリュ」のような7,000円程度の高値のつくものから、「プティ・シャブリ」と呼ばれる2,000円前後で購入が出来てカジュアルに飲めるワインなど価格帯が幅広いのも特徴です。さらにビンテージワインとなれば、さらに高価な商品も存在ます。