解説!シャブリと他地域の白ワインとの違い:アルザス編


シャブリはセーヌ支流域の北フランス一帯でも中世からブドウ栽培が盛んな地域です。シャブリの白ワインは世界的に有名ですが、シャブリと対局に位置する白ワインの代表的な産地にアルザス地方があります。

フランス北西部、ライン河を隔ててドイツの国境と接するアルザス地方はフランスの中でもワイン文化の歴史のある地域です。ブドウ畑が北から南に110kmにわたって広がっていてアルコール濃度が高い白ワインが量産されています。

アルザス地方で作られている90%以上は白ワインが主流です。シャブリのように酸味がありミネラル感を楽しめるものでは無くアルザスは純粋にアルコールを楽しむような白ワインになっています。


アルザスのワインに合うのは肉系のパテやソース系の魚料理があいます。シャブリのような味わいを楽しむ白ワインとは違いアルザスのワインは純粋にアルコールを楽しみ気分良く酔えるワインになっています。アルザスの白ワインは肉や脂などのドイツ料理とあわせて飲むのがおすすめです。

コース料理だけではなくピザ等に合わせても楽しめる濃厚な味わいの白ワインになっています。コース料理だけではなくレアチーズケーキ等に合わせても十分に楽しむことができます。豊潤な味わいを感じさせる白ワインの中でもシャブリと対局を成す人気のワインになっています。白ワインを飲んで気持ち良く酔うためにはシャブリよりおすすめの白ワインかもしれません。シーンに合わせて使い分けるのをおすすめします。