このブドウ品種のワインの魅力は:カベルネ

カベルネ

ワインの有名なブドウ品種の一つに「カベルネ」と名前の付くものがありますが、カベルネ・ソーヴィニヨンやカベルネ・フランなど種類が一つだけではなく、混同したことはありませんか?

「カベルネ」とついているのだから似たようなものなのか、というとそうではなく、味わいや特徴は異なります。

今回は、ブドウ品種カベルネ・ソーシニヨンとカベルネ・フランの違いやそれぞれの特徴についてご紹介します。

カベルネ・ソーヴィニヨンの特徴

ワインにおいて「カベルネ」と言われた場合、それはカベルネ・ソーヴィニヨンかカベルネ・フランのどちらかを指すことになります。

どちらもカベルネという名前と赤ワインの原料としてよく使われるということは共通していますが、特徴は全く異なるものなのです。

まず、ソーヴィニヨンについては、豊富なタンニンを含むために長期間の熟成によく耐える、むしろ数十年単位での熟成があってこそ真価を発揮するとされています。

また、収穫年の気候によって味わいを大きく変化させるため、同じ畑で同じワイナリーが作っていても収穫年によって味が一変するという面白さもソーヴィニョンの魅力です。

ソーヴィニヨンは、赤ワイン用ブドウ品種の中でも世界各国で最も広く栽培されている品種の一つです。

ワインにすると、色味が濃く、強い渋味が感じられ、しっかりとしたコクのある味わいのワインとなります。

カベルネ・フランの特徴

カベルネ・フラン

続いてフランについては、ソーヴィニョンの配合親であることが知られています。

外見的にはある程度似ているのですが、ソーヴィニョンと比べると水はけが悪い土地でも育つブドウです。

フランから作られたワインの特徴もソーヴィニョンに似ているものの、ソーヴィニョンと比べるとかなり柔らかな味わいになることが多いとされています。

ワインにすると、清涼感が強く出ることが多く、軽やかな酸味やボディなどエレガントな味わいを楽しめます。

ソーヴィニヨンとフランは全く別物

赤ワイン

ただ、ソーヴィニヨンの方が世界的に知名度に優れ、また人気も高いこともあって生産量は少なく、フランス以外ではほとんど作られていない貴重な品種と言えるでしょう。

よって、もしこれからワインを買う際に「カベルネ」という名前が出てきたのであれば、まずソーヴィニョンをイメージしても問題ありません。

しかしながら、ソーヴィニヨンもフランも全く別の品種ですから、「カベルネと付いているから同じだ」という考え方は間違いとなりますので注意しましょう。