赤より優れている白ワインの美容効果とシャブリ:殺菌作用

ワインといえばシャブリの白ワインが辛口の味で有名ですが、辛口になるのは原料であるブドウがシャルドネという種類のものを使っているためです。シャブリのワイン畑はそれぞれがランク付けされていますから、どの畑で収穫されたブドウを使っているかによって味が大きく変わります。


ワインはぜひ食事のお供として飲みたいものですが、特に魚料理を食べる時には白ワインがすすめられています。その理由はもちろん魚料理との相性が良いということはありますが、他にも白ワインに殺菌作用があるからだといわれています。魚は生のまま食べることもありますから、そういう時には解毒作用がある白ワインを一緒に飲むことで食べたものを殺菌できるのがメリットです。

お寿司でもガリはつきものですが、あれもガリには強力な殺菌作用があるためです。白ワインはとても抗菌力が強く、しかも飲むことで即効性があるのが良いところです。

実験では白ワインに大腸菌をわずか10分間入れておいただけで、数万個もあった菌がなんと数個にまで減っていたという結果が出ています。さらに20分後には白ワインの中に入っていた菌が全て死滅したというのですから、その殺菌力には驚きです。

日本の場合なら、生で食べる牡蠣と白ワインの組み合わせは近頃では定番となっており、おいしく食べながら食あたりなどを予防することができます。とはいえ、殺菌するためだと飲み過ぎるのは良くありませんから注意しておきましょう。