シャブリと白ワインと健康と:便秘や下痢を緩和

牡蠣

シャブリの白ワインと聞くと、ワイン好きな方の中には牡蠣や魚介類を連想する方も多いのでは?

食事との相性が非常に良いシャブリの白ワインは、世界各国の人から愛されており、日本でも愛飲している人が多くいます。

今回は、シャブリの白ワインの特徴や期待できる効果についてご紹介します。

シャブリとは

シャルドネ

フランスの村の名前であるのと同時に、その村で生産されているワインの名称ともなっているのがシャブリです。

古代は海だったとされるシャブリの土壌はミネラル豊富で、そのミネラルが溶け込んだ葡萄で造られるワインは爽快さやすっきり感があります。

基本的にシャルドネ種の葡萄から作られる白ワインであり、甘みが少なく辛さが際立っているといった特徴があります。

キレのある爽快さがありながら上品さも備わった味わいは長年高い人気を誇っており、日本では最も売られているブルゴーニュ産白ワインです。

シャブリの白ワインの効果

そんなシャブリの白ワインは胃腸の健康状態を保つといった効能があることでも有名です。

具体的に言えば、便秘や下痢を緩和出来るようになるので、便秘薬や下痢止めなど薬品を頼らずとも排便に関する悩みを解消しやすくなるといったメリットが存在していると言えます。

また、白ワインに多く含まれている有機酸によって、腸内細菌のバランスを整えて善玉菌を増やす効果も期待できます。

さらに、もともと白ワインには、胃や腸内で吸収されやすく、抗酸化作用や食中毒菌に対する強い抗菌力があるとされています。

「生牡蠣ならシャブリ」という言葉を聞いたことがある方もいるでしょうが、相性が良いという理由だけでなく、生の魚介類を殺菌効果の高い白ワインと楽しむことで安全性が高まるという理由もあるのです。

シャブリについてのおさらい

白ワイン

シャブリの白ワインには4クラスの等級が定められており、ランクが高くなればなるほど販売価格が上がるといった傾向があります。

しかし、身体にもたらす効果はどのクラスの白ワインも一緒になっているので、味を楽しむのではなく健康のためにシャブリの白ワインを飲用したいというのであれば、安くて購入しやすい銘柄を選んでしまって何ら問題ないと言えるのです。

そして、シャブリの白ワインはフレンチレストランやイタリアンレストランなどによく置いてあることから、食事との相性がとても良いことでも有名です。

甘さが強すぎて料理とマッチしないようなワインとは違い、辛さが食事をすすめてくれる効果があるシャブリの白ワインはさまざまな国の料理と合うからです。

普段食べている日本食とは違う料理を食べると便秘や下痢を引き起こしてしまうといった体質の方でも、日本食と共に楽しめるワインの一種なので記憶しておくといいでしょう。