飲む前に知りたい国別ワインの特徴:オーストラリア編


世界で6番目の広い国土を持つオーストラリアでは、地域によって気候風土は様々で、ワインの生産に向いた土地も多くあります。ブドウ栽培は主に南緯31~43度の南部地域で行われています。特に南東・南西部は、温暖な地中海性気候と石灰質の水はけの良い土壌により、特にブドウ栽培に適しています。

オーストラリアワインのおもな産地は南オーストラリア州、ヴィクトリア州、ニューサウスウェールズ州の3つの州が中心となります。日照時間の長く昼夜の温度差が大きく降雨量が少ないといった気候的特徴があり、天候が安定していてどの年でも安定した品質を出せることから、毎年がヴィンテージイヤーなどとも呼ばれます。

オーストラリアがイギリスの植民地となった18世紀から19世紀には、早くもワイン造りが始められています。そして19世紀中頃には国際的なワインコンクールで賞を獲得するなど評価を高め、ヨーロッパなどへも輸出されるなど発展を続けていきます。

オーストラリアワインの特徴は、ブドウの品種により様々ですが、赤ワインではカベルネソーヴィニヨンなら深くコクのあるまろやかな味わいに、シラーズなら官能的でスパイシーかつ濃厚な香りを持ちます。白ワインではフルーティーなシャルドネや、やや辛口でさっぱりしたセミヨンの物があります。オーストラリアワインは長い年月をかけて熟成させるよりもフレッシュな段階から楽しめることも特徴の一つで、ヨーロッパとはブドウの収穫時期が違うことから、ヌーヴォーワインの出荷も6ヶ月早く出荷します