解説!シャブリの豆知識:アルゼンチンワインの格付けとは

リーズナブルな値段で良質な味わいを楽しめるアルゼンチンワインは、ワイン初心者のみならず、ワイン通にも人気があります。

ただ、アルゼンチンワインを選ぶ際には、フランスやドイツなどのヨーロッパ産のワインのように格付けがあるのか、気になったことがある方もいるでしょう。

実は、アルゼンチンワインにもヨーロッパのワイン法ほど厳しくはありませんが、格付けは存在しています。

今回は、アルゼンチンワインの特徴や国内消費量について触れながら、アルゼンチンワインの格付けについてご紹介します。

アルゼンチンワインの特徴について

赤ワイン

アルゼンチンは、世界のワイン生産国として生産量第5位であり、アルゼンチンワインの生産量の約60%が赤ワインです。

北から南まで約3,650kmという大きさのアルゼンチンは、面積も大きいことから地方の気候条件がかなり違っています。

北部は夏の高温多湿・乾燥気味な暖冬、中央部は暑い夏・寒い冬、南部は温暖な夏・多雪でとても寒い冬とさまざまな条件が揃っています。

メンドーサ州をはじめとするアンデス山脈の盆地を中心とした生産地では、ヨーロッパ産ワインよりポリフェノールが多めに含有されているアルゼンチンワインがよく知られています。

ブドウの病気などのトラブルがアルゼンチンにおいては極めて少ないのは、高地・低湿度の環境によるもので、めったに農薬は使われていないことがアルゼンチンワインの大きな特徴の一つです。

世界中のワイナリー・エステートが現在アルゼンチンにおいてワインを造り、最新の技術・知識を導入しようと試みています。

アルゼンチンのワインの位置づけ

赤ワイン

アルゼンチンにおいてのワインの位置づけは、生活の一部で食文化と強く結びついています。

肉中心の食事にワインを合わせているため、年間40L以上とも言われる一人当たりのワイン消費量は、日本のそれと比べ約20倍以上です。

普段の食事以外でもパーティなど公式の場においても、ワインは欠かせないものとなっています。

また、現在では外国資本の流入に伴って、各家庭で楽しめる高品質なデイリーワインだけでなく、世界的なニーズの高いプレミアムワインも造られるようになっています。

アルゼンチンワインの格付け

ブドウ品種のシャルドネ

アルゼンチンワインの格付けは、原産地呼称制度によって管理や規定がされています。

原産地呼称制度とは、特定の地域や区域の産品に対して原産地呼称が許可され、原料の品種や産地、栽培などの要件が法律で規定されて国がそれらを保証するという制度のこと。

ただ、アルゼンチンの格付けは、フランスワイン法やドイツワイン法などのヨーロッパのワイン法の格付けに比べると緩やかです。

現在認められている地区は、メンドーサ州のルハン・デ・クージョ地区とサン・ラファエル地区、ラ・リオハ州のパジェンス・デ・ファマティナ地区の3つのみですが、この他にも申請中の地区があります。