解説!シャブリの豆知識:アルゼンチンワインの歴史

アルゼンチンワイン

南アメリカに位置するアルゼンチンで生産されたワインの特徴といえば、やはり果実味豊かな味わいでコストパフォーマンスが良いこと。

1000円台~楽しめるワインも多いため、最初のワイン選びを失敗したくないワイン初心者の方でも安心して楽しむことができます。

また、ワイン通の中でも、アルゼンチンワインは人気を集めています。

今回は、アルゼンチンワインの歴史や主な産地、ワインの生産環境についてご紹介します。

アルゼンチンワインの歴史や主な産地について

アルゼンチンのメンドーサ州

そもそも、スペインの宣教師によって南米大陸にブドウ栽培が持ち込まれたのは、16世紀の半ばごろのことでした。

そして1570年頃にはブドウ栽培が始まり、19世紀にはイタリアなどのヨーロッパ移民から有名なブドウ品種や栽培技術などが伝えられたため、アルゼンチンのワイン産業は大きく飛躍します。

1990年代頃になると、多くの外国資本が流入して近代的な醸造設備が取り入れられ、今では高品質なデイリーワインから本格的なプレミアムワインの生産まで行われています。

アルゼンチンワインは、そんな古い歴史に裏打ちされているのです。

アルゼンチンの産地として有名なのが、生産量の約7割を占めているメンドーサ州であり、アンデス山脈からの風やミネラル豊かな雪解け水に恵まれ、昼夜の気温差も激しいことからワイン作りに最適な地域です。

こちらのメンドーサ州では、赤ワインが多く造られています。

主なブドウ品種は、ヨーロッパではブレンド用として使われるマルベック、カベルネ・ソーヴィニヨンが赤ワイン用として、シャルドネやシュナン・ブランが白ワイン用として使われています。

アルゼンチンワインの生産環境

アルゼンチンワインが好評を博している理由の一つとして、地理的な条件が挙げられ、アルゼンチンはワインの生産に適しています。

アルゼンチンの主なワイン産地は、標高が高いところにあり、湿度が低いのです。

したがって、ブドウ畑に悪影響をもたらす害虫や菌類などのマイナス要因に直面することがほとんどないのす。

虫がつかないので、無農薬か、あるいは低農薬での栽培が簡単にできるのです。

さらに、有機栽培ワインでさえも、労することなく生産できます

ただし、アルゼンチンの有機栽培認証制度は日本農林規格と互換性を持っていませんので、アルゼンチンで承認された有機栽培ワインを、日本に持ち込んで有機栽培ワインと銘打って販売することはできません。

南半球に位置するアルゼンチンでは、ブドウが生育するのは、現地の春である10月の発芽に始まり、秋の2月に収穫する時期までとなっています。

収穫の時期ともなると、大多数の移動労働者が動員されて、摘み取り作業に従事することとなっています。

そして、収穫されたブドウは長時間をかけて農村部のブドウ畑から遠方のブドウ醸造施設まで運ばれてきています。

今後も、アルゼンチンワインは多くのワイン好きを魅了していくに違いありません。