赤ワイン豆知識:赤ワインの等級とは


日本では男女を問わず、お酒が人気となっています。様々な料理に合わせて、お酒を選ぶことで食事が非常に楽しいものとなります。こうしたお酒の中でも、赤ワインは多くの人気を集めています。それは、赤ワインに含まれているポリフェノールが、脂肪の吸収を抑えてくれる効果があるからです。特にダイエットや健康に興味がある多くの女性から支持されています。

こうした、赤ワインですが、ビンテージという言葉をよく耳にします。ビンテージとは、ワインが生産された年のことをいいます。天候に恵まれ、品質の良いブドウが収穫された当たり年には、良いワインが生産される可能性が高まります。ビンテージはこれらを見分ける指標になるのです。当たり年の赤ワインは長期の熟成により高額な値段がつけられます。

また、ビンテージとは別に等級という格付けがされています。等級とは、赤ワインの原材料であるぶどうが収穫された地名、畑、シャトーなど様々な要素によって決定されています。そして、同じ畑であっても生産者によって、等級が異なる場合もあります。さらには、赤ワインは多くの国で造られていますが、その国々においても、それぞれ違った名称で等級を決めて格付けを行っています。

赤ワインは、多くの国々が古い歴史を持ち生産し続けてきました。そのため、それぞれにおいて独自の文化や様式で管理されているため、一般的に理解することは難しいといえます。しかし、スマートフォンやパソコンの進化により情報収集が簡単に行えるようになりました。複雑ですが理解できれば、歴史などを楽しみながら、より一層味わうことができます。